副業ブログ

ブログ初心者はこれだけ!WordPressおすすめプラグイン11選

こんにちはまめさるです

今回はとにかくブログ初心者はこれだけ入れておけば大丈夫というプラグインを紹介していきます

WordPressの最大の特徴はプラグインといわれる拡張機能です

プラグインを導入すれば自分好みにカスタマイズできて、より快適に便利にサイトを運営できるようになります 

ですが、このプラグインは数え切れないくらいあるので、初心者はどれを入れればいいのか迷うものです

何を入れればいいのか分からない

英語表記で効果がイマイチ分からない

こういった悩みも今記事で解決できます

ただ、プラグインは闇雲に何でもかんでも入れてはいけません

デメリットもあるので、厳選し必要なものだけを導入して、快適で使いやすい自分だけのサイトを作っていきましょう

この記事を読んでわかること
  • 初心者がまず入れるべきプラグイン
  • 各プラグインごとの設定
  • オススメの無料プラグイン

今回紹介するプラグインは全て無料です

プラグインの注意点

  • 入れすぎると重くなる(サイトの表示が遅くなる)
  • 使っているテーマによっては特定のプラグインを入れるだけで不具合が起きる場合がある
  • 相性の悪いプラグインがある
  • 攻撃されるリスクが増える(プラグイン経由でのハッキングは多々ある)

便利なプラグインですが

何でもかんでも入れるのは要注意です

入れすぎると、サイトが重くなったり、不具合の原因となってしまうからです

そのプラグインを入れると、どういう効果があるのかをきちんと理解して

必要最低限いれるようにしましょう

プラグインを大量に入れると、いざ不具合が発生したとき、どのプラグインが不具合の原因になっているのか突き止めるのが困難になるので、やめましょう

プラグインの導入方法

プラグインを入れるのはとっても簡単です

  1. ダッシュボードから『プラグイン』を選択
  2. 『新規追加』をクリック
  3. あとは『プラグインの選択』の検索バーにプラグインの名前を入力する

たったこれだけです

ただ、この検索がなかなか弱くて、プラグイン名を入力してもヒットしない場合が多々あります

そんなときは大文字小文字を変えてみたり、スペースを入れてみたり…試行錯誤するとでてきます笑

入れるべきオススメプラグイン11選

さっそくおすすめプラグインを紹介していきます

ブログを始めたばかりの方や、何か良いプラグインが無いか困っている方は是非参考にしてみてください

初めから入っている活用すべきプラグイン3選

akismet

ブログに寄せられる迷惑コメント(スパム)を自動で専用のフォルダに振り分けしてくれるプラグイン

初めから入ってるので有効化と設定をするだけでオッケー

サイトを運営していき、ある程度読まれるようになってくると、応援や感謝コメントばかりではなく、迷惑コメントが来るようになってきます

そんな時に、このプラグインを入れておけば勝手に迷惑コメントを判断して、振り分けてくれるので、自分で見て削除するような面倒な手間が省けます

ブログ運営を快適にしていくためには、かかせないプラグインです

このプラグインは有効化するだけでは効果を発揮せず、ちょっとした設定が必要になります

詳しく知りたい方は、この記事を参考にしてみてください

WP Multibyte Patch

WordPressを日本語版で利用する際に、不具合などを解決してくれるプラグイン

こちらもWordPressの初期状態から入っているので有効化するだけですぐ使えるプラグインです

もともとWordPressはアメリカのソフトなので基本的には英語対応です

なので日本語で使うと文字化けなどの不具合が起きる場合があり、それを解決してくれる機能があります

最近のバージョンのWordPressには初めから入っていないので、インストールするようにしよう

SiteGuard WP Plugin

セキュリティを強化してくれるプラグイン

ConoHaWINGなどでWordPressを始めた人ならはじめから入っているプラグイン

WordPressのログイン画面・管理画面の不正ログインを、さまざまな方法で防いでくれます

例えば以下の通り

  • WordPressのログインURLが変わる(通常のログインURLは、ドメイン名+wp‐adminだが、ドメイン名+wp‐admin+ランダムないくつかの数字になる)
  • 複数回ログイン失敗でロックされる
  • ログインすると登録したアドレスにメール「ログインがありました」通知が来る
  • ログイン時に4文字のひらがな入力が必要になる
アドレス・パスワードの他に4文字のひらがな入力が発生する

このプラグインを有効にすると、WordPressのログインURLが変わってしまうので、変更後のURLをブックマークするようにしましょう

必ず入れるべきプラグイン5選

Google XML Sitemaps

検索に必要なサイトマップを自動で生成、更新してくれるプラグイン

サイトマップとは「自分のサイトはこういうものです」とページ構成を記載しているもので、Googleに自分のサイトを認識してもらうのに必要になります

このサイトマップを記事の公開や更新に合わせて毎回手動で編集してアップロードするのは非常に手間です

そんなサイトマップを自動で生成してくれる上に、ブログを投稿したり、更新する都度Googleの検索エンジンに「サイトマップ更新しましたー」と教えてくれる機能があります

ポイントとしては重要なページ(認知してほしいページ)とそうでないページの優先順位を指定できるので、Googleに認知してほしいページを効率よく知らせることができます

一度設定しておくと、後は自動更新していき、それをGoogleが定期的に読み取ってくれるので非常に便利です

導入後はGoogleサーチコンソールからサイトマップを送信することを忘れずに

websub/pubsubhubbub

ブログを更新したらGoogleなどの検索エンジンに素早く知らせてくれるプラグイン

このプラグインを導入すると、記事を投稿した際にGoogle、Yahoo、Bingなどの検索エンジンに素早くお知らせてくれます

通常、ブログを公開、更新しても検索結果に反映されるまでに時間が掛かります

いくら良記事を書いてもGoogleから認知されてないでは存在しないのと一緒ですよね

必ずこのプラグインを始めのうちに導入し、こちらからGoogleに知らせる仕組みを作っておきましょう

検索で素早く上位表示をさせたいなら必ず入れておこう

BackWPup

プログインなども含めた自分のサイトを丸ごとバックアップしてくれるプラグイン

思わぬ不具合や、災害などで万が一サイトのデータが消失する可能性があります

これまで何十時間もかけて作り上げてきたサイトが一瞬にして消えてしまうと辛いですよね

そんな時に役に立つのがこのプラグインです

ワードプレスで作成した自分のサイトを丸々バックアップしてくれる機能があります

設定しておくだけで自動で定期的にバックアップを取ってくれます(手動バックアップも設定可)

いまはサーバー側でバックアップ取ってくれるところも多いけど二重のバックアップをすることで、より安心です

導入後は、まずきちんと復元できるのか試しておくことが大切です

EWWW Image Optimizer

記事内に貼り付ける画像を自動圧縮してくれるプラグイン

ブログの記事内に画像を挿入するという人は必須プラグインです

このプラグインを導入すれば、貼り付ける画像を自動で圧縮し最適化してくれます

サイトの表示速度を下げる原因の一つに画像が重すぎるということが挙げられます

表示速度が遅いのはSEO的にもよくないと言われています

また、このプラグインのすごいところは画像を圧縮はするけど劣化はさせないことと、プラグインを導入する前にアップした画像も圧縮・最適化してくれるところです

サイトの表示速度が遅いのは読者離れにつながります。このプラグインを導入し、読者に快適に読んでもらえるようにしておきましょう

Contact Form 7

自分のサイトにお問い合わせフォームを設置できるようになるプラグイン

自分のサイトにお問い合わせフォームを設置することはとても重要なことです

必ず設置しておきましょう

お問い合わせフォームを設置しておくと、読者からの応援・共感メールが届いたり、誤字やミスがあれば指摘をしてくれたり、様々なコミュニケーションをとることができます

さらに長くやっていくと企業から問い合わせや案件の依頼などがくる場合もあります

お問い合わせフォームを設置しておくと、Googleからみてもサイトの信用性が上がります

入れておくと便利なプラグイン3選

Rinker

ブログで物販をする際に、商品リンクを見た目良くまとめてくれるプラグイン

Rinker公式サイトより引用

ブログで物販をしていくなら必須のプラグインです

上の画像のようにAmazon、楽天、Yohooの商品リンクを一つにまとめて表示してくれます

本来は、AmazonならAmazon、楽天なら楽天と、それぞれのリンクを探して貼り付けていかなくてはならないので、見た目も良くないですし、作業効率もめちゃくちゃ悪いです

しかし、このプラグインを導入すればAmazon、楽天、Yohoo内にある同名商品のリンクをワンクリックで挿入・管理ができるようになります

このプラグインはWordPress内から導入できません。公式ページからダウンロードするようになります

Rinkerをダウンロードする

Two Factor

セキュリティ強化のプラグイン

はじめにセキュリティ強化のプラグイン『SiteGuard WP Plugin』を紹介しましたが、このプラグインも合わせて設定しておくと、より良いでしょう

このプラグインを導入すると、WordPressのログイン時に二段階認証になります

このように、ログイン時に『認証コード』を入力しなくてはいけなくなります

登録したメールアドレスに8桁の『認証コード』が届きますので、これを入力していきます

この『認証コード』は毎回変わるので、常にパスワードを変えていってるようなものです

二段階でパスワードを入力するようになるので、破られる可能性はかなり少なくなります

ログイン時に入力事項が増えるので多少面倒になりますが、入れておくようにしましょう

Broken Link Checker

自分のブログに貼っている外部リンクのリンク切れを教えてくれるプラグイン

リンク切れとは、自分のサイトやブログに貼られているリンクの遷移先にアクセスできないことです

そのサイトが表示できないと『404 Not Found』のページ表示になってしまいます

ブログ内に貼ったリンクが、その先ですでに無くなっており表示できないといことは、珍しいことではありません

記事内に外部リンクを貼っていても切れていて表示されなかったら、読者もガッカリして離れていくし、SEO的にも良くありません

初めのうちに導入するようにしましょう

記事数が50,100と増えていくと自分では管理・発見ができなくなるので導入するようにしましょう

まとめ

プラグインは導入することで、自分のサイトをパワーアップするだけでなく、運営を快適にしてくれます

しかし、その種類は無数にある上に英語表記のものばかりで初心者には何を入れればいいのか、ちんぷんかんぷんです

また入れすぎると逆に不具合を起こしたり、サイトが重くなったりとデメリットもあります

効果をきちんと理解した上で必要最低下限の効果的なプラグインを厳選していれるようにしましょう

  • akismet
  • WP Multibyte Patch
  • SiteGuard WP Plugin
  • Google XML Sitemaps
  • websub/pubsubhubbub
  • BackWPup
  • EWWW Image Optimizer
  • Contact Form 7
  • Rinker
  • Two Factor
  • Broken Link Checker

何を入れればいいのか分からないという方は、とりあえずこの11個を入れておけば大丈夫!

あとは、運営していく上で必要なものだけ追加していくようにしましょう

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA