副業ブログ

プライバシーポリシーと免責事項を設置しよう【ブログ運営】

こんにちはまめさるです

みなさんはプライバシーポリシーと免責事項を自分のサイトやブログにきちんと設置していますか?

プライバシーポリシーって何?

免責事項って具体的に何を書けばいいの?

自分のサイトやブログを運営するなら、どちらも必ず設置するべきものです

まだ設置していない方や、設置はしているけど詳しくは理解できていないという方は是非この記事を参考にしてみてください

この記事でわかること
  • プライバシーポリシーと免責事項とは何か?
  • プライバシーポリシーと免責事項を設置すべき理由
  • 具体的な例文

プライバシーポリシーとは?

そもそもプライバシーポリシーとは

サイトやブログを運営するにあたって取得した個人情報をどう扱うのかを定めて記載したものです

個人情報保護方針ともいいます

サイトやブログの運営者は「取得した個人情報は不用意に扱わない」

ということを明示しないといけません

またGoogleアドセンスや解析ツールのGoogleアナリティクスを利用する場合は必ず設置しないといけません

設置しているか、していないかも合否の審査に含まれていますので、そもそも設置していないと利用できません

このブログの場合、どこに設置しているかというと

トップ画面のメニューに入ると

ここに表示しています

色んなサイトやブログで一度は見たことがあると思うよ

「自分のブログでは個人情報なんて取り扱ってない!」

そう思った方、ぼくもそうでした…

しかし、少なからず❝個人情報を取り扱う機会はある❞と、ほとんどのサイトやブログで言えます

例えば

お問い合わせフォームを設置していて、実際にお問い合わせがあった場合

氏名やメールアドレスを取得することになりますし

自分が運営しているサイトのアクセス解析をする場合も

性別、年齢や地域程度は取得します

こういったように、きちんとサイトやブログを運営していれば

少なからず個人情報を取得する機会はあるので

あなたも例外ではありません

入れるべき文言

では実際に具体的にどういった文言を入れておかなくてはならないのか?

ということを紹介していきます。

基本的には

取得した個人情報は特定の目的(お問い合わせや、コメントの返信など)以外では使用しません

ということなんですが

この入れるべき文言というのは自分のサイトやブログで

どういったサービスを利用しているか❞で盛り込まなければならない内容が決まっています

一つず噛み砕いて簡単に紹介していきます

Googleアドセンスを利用している場合

自分のサイトやブログでGoogleアドセンスを利用して広告を表示している場合、入れるべき文言は以下の通りです

  1. Cookieを利用してるということ
  2. そのCookieによりユーザーの興味に応じた広告を配信しているということ
  3. ユーザーの意思でCookieは無効にできるということ

CookieとはアクセスしたWebサイトによって、閲覧情報を保存する仕組みのことです。Cookieを利用してユーザーのサイト利用設定などを記憶したり、ユーザーの地域に関連する情報を提供したりできます。

Googleアナリティクスを利用している場合

そもそもGoogleアナリティクスを利用する場合、

プライバシーポリシーを公開することとGoogleはうたっています

必ず用意するようにしましょう

Googleアナリティクスを利用して自分のサイトやブログを解析している場合、入れるべき文言は以下の通りです

  1. Cookieを利用しているということ
  2. Googleアナリティクスを使用して解析しているということ
  3. Googleアナリティクスでデータが収集、処理される仕組みについて開示する

Amazonアソシエイトを利用している場合

Amazonアソシエイトの場合は記載しなければならない文言が指定されていますので

そのまま引用する形になります

○○(自分のサイトやブログ名)は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

プライバシーポリシーを設置するメリット

Googleアドセンスなどを利用する上で、必須となるプライバシーポリシーの設置ですが

設置すると他にもこんなメリットがあります

  • サイトの信頼性が高まる
  • 信頼性が高まることによってSEO的にも有利になる
まめさる

設置するとこんな良いこともあるんだよ

免責事項とは?

次に免責事項についてです

免責事項とは

  • 自分のブログで発信したことに間違いがあるかも
  • 自分のブログで効果があると紹介した商品だけど、購入は自己責任でお願い

など、トラブルを避けるために先に断りを入れておくことです

まめさる

ぼくのブログではホーム画面一番下に設置しているよ

具体的な例を挙げて紹介すると

きちんと調べて書いた記事だが間違った情報を書いてしまった

記事を書いた時点と現時点でサービスや商品の仕様が変わってしまっている

というケースであれば、どちらにせよユーザーからは「虚偽の記事だ」となり、トラブルになる可能性があります

さらには自分のサイトやブログで紹介した商品をユーザーが実際に購入してくれたは良いけど

「記事に書いてあったような効果は出ない」と言われてしまい

トラブルになる可能性だってあります

自分が気に入った商品は誰にとっても良い商品とは限りません

購入はあくまでも自己判断・責任でと明示する必要があります

サイトやブログで商品の紹介や販売をする場合は必ず設置しておきましょう

入れるべき文言

免責事項は読んで字のごとく、責任を免ずるという意味合いです

意図せず違った情報を発信してしまいユーザーから詐欺扱いされないよう

正確性について明記しておきましょう

  • 当サイトやブログの情報で不利益が生じても責任は負わないということ
  • 100%正確な情報の発信は保証できないということ
  • 当サイトやブログに設置しているリンクや広告から他のサイトに移動された場合、その移動先で提供される商品やサービスに関しては責任を負わないということ

免責事項を設置するメリット

メリットというか、役割に近くなりますが

紹介した商品やサービスで効果が無かった場合や

結果的に間違った情報を発信してしまった場合、トラブルになっても

あなたを守ってくれる大事な項目になります

その他の明示しておきたい項目

プライバシーポリシーや免責事項の他にも、明記しておきたい事項を紹介します

著作権・肖像権

これも非常に重要な項目になります

悪気が無くても、法に触れてしまう場合があります

著作権に関しては以下の文言を入れるようにしましょう

  • 自分のサイトやブログの記事や画像などを無断で転載することは禁止だということ
  • 万が一、自分のサイトやブログで著作権や肖像権を侵害してしまっている場合は、すぐに対応するということ

ジャ〇ーズやディ〇ニーなどは特に著作権・肖像権に厳しいので

記事を書く場合は要注意です

プライバシーポリシーと免責事項の例文

これまでプライバシーポリシーと免責事項について紹介してきましたが

まったくの初心者が一から作成するのはかなり難しいと思います

ここでは例文を紹介していきますので参考にしてみてください

自分のサイトにコピペしてもらって構いません

※例文内の<>は説明分になります。実際に貼り付ける場合は省いてください

まめさる

プライバシーポリシーに関しては、自分のブログで利用しているサービスをきちんと把握・理解したうえで使用してね

プライバシーポリシー

ここでは以下の一般的なサービス、ツールを利用していると仮定します

サイトやブログによって利用しているサービスやツールは異なりますので

内容を把握の上、各自修正してください

  • Googleアドセンス
  • Googleアナリティクス
  • A8.net
  • Amazonアソシエイト
  • お問い合わせフォーム

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、等)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちら<Googleポリーシーと規約のリンク>をご覧ください。

また、○○<自分のサイト名>は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら<Googleアナリティクス利用規約のリンク>をご覧ください。

個人情報の利用目的

当ブログでは、お問い合わせや記事へのコメントの際、名前やメールアドレス等の個人情報を入力いただく場合がございます。
取得した個人情報は、お問い合わせに対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、これらの目的以外では利用いたしません。

免責事項

当サイトは、アフィリエイトプログラムにより商品をご紹介致しております。
アフィリエイトプログラムとは、商品及びサービスの提供元と業務提携を 結び商品やサービスを紹介するインターネット上のシステムです。
従いまして、当サイトの商品は当サイトが販売している訳ではありません。

お客様ご要望の商品、お支払い等はリンク先の販売店と直接のお取引となりますので、特定商取引法に基づく表記につきましてはリンク先をご確認頂けますようお願い致します。
商品の価格、商品の詳細、消費税、送料、在庫数等の詳細は時として変わる場合も御座います。
返品・返金保証に関しましてもリンク先の販売元が保証するものです。当サイトだけではなくリンク 先のサイトも良くご確認頂けますようお願い致します。
当サイトの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い致します。当サイトでは、一切の責任を負いかねます事ご了承願います。

尚、掲載商品に関するお問合せはリンク先に御座います企業宛までお願い致します。当サイト管理者側ではお答え致しかねます事、ご了承ください。

また当ブログのコンテンツ・情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

著作権について

当ブログで掲載している文章や画像などにつきましては、無断転載することを禁止します。

当ブログは著作権や肖像権の侵害を目的としたものではありません。著作権や肖像権に関して問題がございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡ください。迅速に対応いたします。

まとめ

プライバシーポリシーや免責事項はトラブルを避けるためにも必ず設置しておきましょう!

個人ブログだから作らなくてもいい」というものではなく

ほとんどのサイトやブログでは必要になります

最悪の場合、訴訟問題にもなりかねませんので

自分を守るためにも事前の設置が必要です

自分のサイトやブログの信頼性もアップするので一石二鳥ですよ

ではまた

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA