節約・投資

積立てNISAで上手に貯蓄を増やす

ふとテレビを見ていると、怖そうな評論家が「老後3000万円問題」を提唱していました

100歳社会の日本は老後に2000万や3000万といった大金が必要なようです

そういうニュースや記事をよく目にします

まめさる

老後が心配。年金だけで本当に大丈夫?

いもさる

預金は金利が少ないよ~

こんな不安はみなさんも一度は感じたことがあると思います

給料は上がらないし、銀行預金の金利もわずか

年金も少子高齢化で受給額が減るとか減らないとか

要するに将来は不透明で、あんまり大丈夫じゃなさそうです

投資をして資産を増やすという方法があるらしいですが

なんだか怖い..

私も以前までは投資と聞いて思い浮かぶのがスッカラカンになって道端で倒れるオジサン

そんなマンガみたいなイメージしかありませんでした

しかし、みなさんは日本に積立てNISAという制度があるのをご存知でしょうか

この制度をきちんと理解し利用すれば小さいリスクで堅実に着実に貯蓄を増やせることができます

今回は積立てNISAを実際に利用している僕がその制度を分かりやすく解説するので

興味がある方は是非参考にしてみてください

積立てNISAとは

金融庁が打ち出した長期で少額な分散投資を支援するための非課税制度の事

積立てNISAの口座を開設して、そこから投資信託の商品を購入すれば

配当金や売却益が出てお金をゲットしても非課税となります

100円など小額から始めれるので初心者にも利用しやすいです

投資信託とは

通常、投資などで株を買うといえば1つの企業を選んで、その企業の株を買うということですが、これはその企業の業績などの変動により自分の資産(持ち株)も変動してしまうので知識だったり先を読む力が必要で高リスクになります

一方投資信託の商品は株のプロの人たちが良い感じの企業の株を寄せ集めてパックで売ってくれているイメージです。運用もそのままプロに任せれます。(常時いい感じの企業の見直しや入れ替えを等をしてくれたりしてる)このパック売りの商品は100社や200社の株をまとめて購入しているということなのでリスクを分散させることができます

積立てNISAの良いところ

積立てNISAには魅力的な要素がたくさんあります

その魅力を紹介しますので、ぜひ積立てNISAの良さを知ってください!

非課税

本来、投資で得た配当金や売却益には20%の税金が課せられます

例えば購入時100万円の株だったのを売却する時には株の価値が110万円になっていたとします

売却益が10万円なので、本来なら2万円は税金で持ってかれ手元に残るのは8万円となります

しかしこの積立てNISAで投資をすれば非課税です

長期的に投資を行い額が大きくなればなるほど、この恩恵はでかくなります

実はみんなが利用している銀行預金にも20%の税金がかかっています

100万の預金があり利率が0.01%なら1年で100円の利息がつきますが、実際にもらえるのは20%の税金を引いた80円だけなんです

初心者向け

積立てNISAで購入できる商品は限られています

それは投資の初心者が始めやすいように金融庁が

鋭い目を光らせ、厳しい審査をして基準をクリアした商品のみしかラインナップされないからです

国のすごい株に詳しい人たちが選んだものだけなので変な商品はありません

販売手数料は無料のものだけで、信託報酬も低水準のものだけ(年間で投資額の0.09%程度)

信託報酬とは・・投資信託の運用をしてもらってる会社に支払う報酬の事

通常投資信託の商品は無数にあり、なかには販売手数料を取られたり

信託報酬が高額だったりと怪しい商品がたくさんあるので初心者には手が出しにくいです

そういった不利益になるような変な商品は一切ないので安心して始めることができます

売却や引出しはいつでも自由にできる

定期預金と違って、持っている株の売却や引出しなんかはいつでも自由にできます

急に現金が必要になった時なんかも柔軟に対応できるので安心

ぐっとハードルが低くなります

長期分散に特化している

この長期・分散がミソです

これは投資信託を一括で購入した場合と月々の積立てでやっていく場合では

たとえ購入した時期が悪くても積立ての方がお金が増える仕組みになっています

株価は高い時もあれば低い時もあり、変動しながらでも経済は長期的に見れば成長していきます

ですので月々淡々と買い続ければリスクも分散され長い目で見ればお金は増えていきます

もちろん「底値のときに一括買いする」というのが一番利益は出ますが、どんなにすごい株のプロでも底値がいつなのか?どこなのか?は分かりません

積立てなら始める時期を気にせずいつでも小さいリスクで始められます

他にも
  • 20歳以上の日本人なら誰でも利用できる
  • 無理のない金額(100円とか)から始められる
  • 小額でOKなので投資の勉強にもなる

積立てNISAの注意点

積立てNISAを始めるにあたり、知識として入れておく必要があることが、いくつかあります

ここではこういった注意点を簡単に紹介します

投資額の上限が決まっている

積立てNISAは説明した通り長期的で小額な投資に特化しています

その為、1年で40万円(月々33,333円)までという投資上限額が決まっています

1年で40万円×20年=800万円

上限非課税投資枠は最大で800万円になります

投資期間は20年

積立てNISAは投資期間が20年と決まっています

それ以上になると積立てNISA口座から一般口座に払い出されてしまい

非課税ではなくなります

売却や引き下ろしの時期を考える必要があります

損益通算できない

損益通算とは例えば複数の金融機関で取引をしている場合

A証券の口座では10万円の損失が出たが

B証券の口座で20万円の利益が出た

という風に利益と損益両方が出る場合があります

そんな時、B証券口座の利益20万円からA証券口座の損益10万円を引いて実質10万円の利益だ、と計算できることを言います

こうすることによって、本来は利益の20万円にかかる税金が10万円にしかかからず節税することができるのです

しかし積立てNISAは、この損益通算の対象にはなりません

元本割れの可能性はある

いくら株のプロが選んだ商品とはいえ、元本保証はありません

銀行の預金や保険のような元本保証ではなく運用中に元本も変動します

積立てた金額より少ない金額しか戻ってこないということもありえるということです

他にも
  • 口座を開設できるのは20歳以上(開設する年の1月1日時点で)
  • 積立てNISAを始めれるのは2037年まで(延長の可能性あり) ※2037年に始めた人は2056年(20年後)まで積立て可能
  • 積立てNISA以外の口座で金融商品を持っていても積立てNISA口座には移せない
  • 非課税枠は繰り越せない(その年に20万円しか積立てなかったからといって、翌年60万円積立れるというわけでは無い)
  • 個別株や不動産投資信託などの商品は無い

積立てNISAって本当に効果はあるの?

積立てNISAのことはある程度理解できたと思いますが

ほんとに銀行預金より、資金は増えるの?

どれくらいの効果があるの?

こう疑問を持たれると思います。

これは実際に楽天証券の公式サイトでシミュレーションをした結果です

積立てNISAで購入できる商品の過去の実績から利回り4%で計算したものです

楽天証券公式サイトかんたんシミュレーションより引用

月1万円を20年間積み立てていけば銀行預金だと240万円に0.01%の利息で242万4千円ですが、積み立てNISAで利回り4%の計算の場合366万7千円になります

その差はなんと124万円にもなります

楽天証券公式サイトかんたんシミュレーションより引用

満額の月33,333円積立てると1222万5千円と桁が変わってきます

差額はなんと980万にもなります

まとめ

積立てNISAは先行きが不透明で不安定な現代に適した自分で貯蓄を増やす手段として最も堅実で有効な方法の一つといえます

上記で述べたように注意すべき点もありますが

  • 投資をするまとまった資金が無い
  • 投資はやったことが無く、怖い
  • 万が一のときは引き出せるような安心が欲しい

こういった人にはもってこいの制度です

資産を増やせる可能性は大きく、小額から誰でも始めれるので

これを機会に是非始めてみてはどうでしょうか

ではまた!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA