副業ブログ

Googleアドセンスの注意点【ルールやポリシーを理解しよう】

こんにちはまめさるです

Googleアドセンスは自分のブログ内に広告タグを貼り付けるだけで

閲覧しているユーザーに対し適切な広告を表示してくれる便利なサービスです

Webサイトに掲載する広告としても最もメジャーで、収益も上げやすく非常に利用しやすいサービスですが、そこには明確なルールやポリシーがあり、きちんと理解したうえで利用しないと大変なことになります

「知らなかった」では済まされません

なぜなら最悪の場合告配信の停止になることもあるからです

そうなる前に正しく理解して末永く利用できるようにしましょう

Googleアドセンスのルール

まずはGoogleアドセンスのルールを紹介していきます

多少、内容が難しく分かりづらいところがあるので、ここでは分かりやすい言葉で紹介していきます

してはいけないこと❞や❝しなくてはいけないこと❞がありますので覚えておいてください

区別のつきにくい広告の配置はダメ

広告を表示する場合、誰が見ても「広告」とわかるように

きちんと区別してあげることが必要です

表示する広告の上部には

【スポンサーリンク】や【広告

といった文言を入れて「これは広告なんだよ」と誰が見ても分かるようにしましょう

区別がない分かりづらい表示はしてはいけません。例えば

  • ブログ内の写真と広告を混在させる
  • ユーザーがクリックしたい文字やボタンの近くに広告を配置

などユーザーが誤ってクリックするよう仕向ける行為は禁止されています

まめさる

ユーザーの誤クリックを誘導してはダメ

自分で広告をクリックするの禁止

自分のブログやサイト内に設置したGoogleアドセンスの広告を自分でクリックしてはいけません

また知人や身内にクリックをお願いするのもダメです

間違えて1回、2回クリックしてしまったという程度なら大丈夫ですが

収益目的で何回もクリックするのはNG

まめさる

不正な収益を上げたらダメだよ

クリックの勧誘はしない

表示している広告の上に

「お得情報」や「↓↓クリックしてね↓↓」

など、閲覧しているユーザーにクリックを勧誘するような文言を入れえるのはNGです

まめさる

勧誘禁止だよ

アドセンス広告の数

以前、アドセンスの広告はそのサイトやブログ内に3つまでしか設置できないというルールがありました

しかし現在はこの3つまでルールは無くなり

そのサイトやブログ内のコンテンツが広告より少ない場合がNGと変更されました

つまり記事や文字数、その他もろもろコンテンツが少ないのに広告をたくさん貼ってはいけないということです

具体的な数字が明記されていないので、判断が難しいですが、そういう場合今まで通り3広告のルールを最低でも継続するようにしましょう

とにかく、ユーザーの立場からしても広告ばかりだと見にくいですし、広告の貼りすぎは厳禁です

まめさる

広告ばかりの記事は読みにくいし、良いことないよ

広告の掲載する位置や方法の制限

広告の掲載位置・方法での禁止事項を紹介します

ファーストビューが広告はダメ

そのサイトやブログの記事を開いたときに、まずコンテンツではなく広告がはじめに表示されるのは禁止されています

1つの画面に2つ以上の広告

スマホでブログなどを読んでいる場合、1つの画面に2つ以上の広告が表示されるのは禁止されています

コンテンツとの被り

先ほど紹介した誤クリックと重複しますが

広告が他のコンテンツ(文字やメニュー)と被った状態で表示されるのは禁止です

また、記事内に広告を表示させる場合、区別させるため余白を設けなければなりません

追尾機能の使用禁止

たまにサイトなんかを閲覧しているといつまでもついてくる追尾型の広告を経験したことがあると思います

追尾型広告に表示させることは禁止されています

ポップアップ広告の禁止

ポップアップ広告とはサイト閲覧中に突如として画面上に出てくる広告のことです

これは特殊な手法を用いた行為で、これ自体がアドセンス規約違反となります

まめさる

誤クリックがないよう、きちんと区別することと執拗にクリックをするよう仕向けないことが基本だよ

著作権

著作権違反も当然禁止です

とくに画像の貼り付けは問題になりやすく、Web上で取得した画像を勝手に自分のブログなどに貼り付けると、広告配信が停止になることもあります

また違法動画をダウンロードして自分のサイトやブログにアップロードしてもいけません

他サイトの記事のコピー&ペーストなどのオリジナル性が乏しい記事もペナルティを受けることがあります

まめさる

記事には自分の言葉・主観を入れよう

プライバシーポリシーと免責事項を記載しよう【重要】

自分のサイトやブログにプライバシーポリシーと免責事項を設置しましょう

どちらも大切なことなので必ず行ってください

プライバシーポリシー

まずプライバシーポリシーですが、どういうものかというと

このブログでいうと

ホーム画面のタイトル下のバーに表示しているコレ

色んなサイトやブログで目にしたことがあると思います

開くとこんな感じ

これは何かというと

取得した個人情報をどのように利用しているかということを明記しておく場所なんです

サイトやブログを運営していく場合、少なからず個人情報を取得する機会ってあるんです

例えばお問い合わせフォームを設置していて、実際にお問い合わせがきた場合

「名前」や「メールアドレス」は取得できますし

自分のサイトやブログのアクセス解析する場合「性別」、「年齢」、「地域」くらいは取得します

このように取得した個人情報をどのように利用しているかというのをプライバシーポリシーとして明記しておく必要があるんです

そんなプライバシーポリシーですが

Googleアドセンスを利用するなら、その中にGoogleが定めた情報もちゃんと記載してね

とGoogleがうたっているんです

その情報はどんな情報かというと、要約すると

  • Cookieを利用してユーザーの趣味・興味に応じた広告を配信しますということ
  • それが嫌ならユーザー自身でCookieを無効にできるよということ

Cookie(クッキー)とはユーザーがサイトにアクセスした際に、そのデータを記録する仕組みのことです

データを記録することで、同じサイトを再訪した場合、サイト側は同一人物だということが分かります

そのCookieを利用して閲覧しているユーザーに最適な広告を出す仕組みになってるけど、それが嫌なんだったら無効にできるよということを明記しなければなりません

まめさる

アドセンスの利用を始めたなら、まずはじめに設置しよう

免責事項

これはアドセンスのルールとは少し離れますが

Googleアドセンスに限らず、広告を貼るならばやっておかなければならないことです

紹介した商品の購入は自己責任なので、こちらでは責任取れませんということを先に明記しておく必要があります

自分がオススメした商品でも「思ってたのと違う!」「全然効果ない!」などと、こちらに言われても困りますよね

そういったトラブルにならないためにも先に断りを入れておきましょう

まめさる

これも先に設置しておこう

トラフィックソース

分かりにくかったり、不自然なかたちで自分のブログやサイトに誘導するのは禁止されています

例えば迷惑メールを不特定多数に送り付け、そのメール内のリンクから誘導してはいけません

まめさる

ユーザーの意思でサイトを訪れないとダメ

アドセンスコードの改変

広告のコードを改変して広告の掲載結果を変えることは禁止されています

表示広告の一部を隠ぺいしたり、変更したりするのはいけません

難しく考えずに、要は広告コードはそのままコピーして貼るだけです

ただ、一部認められた改変もあります

サイズを細かく設定できたり

ここもきちんと理解したうえで取り扱うようにしましょう

まめさる

ここは上級者向けだね

Googleアドセンスの広告を掲載してはいけないサイト

Googleアドセンスには禁止されたコンテンツがあります

こういった禁止されたコンテンツにはそもそも広告の掲載をしてはいけません

  • ポルノアダルト
  • 衝撃的なコンテンツ(悲惨や事件・怪我の)
  • 他者または集団を威嚇、中傷、攻撃、脅したり危害を加えるのを促している
  • 民族、宗教、性別、性的マイノリティなど差別やその助長
  • 過度の下品な言葉
  • ハッキング、クラッキングにかんするコンテンツ
  • 違法な薬物に関するコンテンツ
  • アルコールのオンライン販売(販売可能な商品もあり)
  • 処方薬の販売
  • 武器・兵器の販売
  • 授業や講義などの提出物の販売配布
  • ユーザーに報酬を提供し広告のクリックやウェブサイトの閲覧などを促すコンテンツ
  • 違法行為を助長
  • 偽造品販売

かなり細かく明記してあるので、すべて覚えるのは難しいですが

この中で特に規約に触れてしまいがちなのは

  • 女性の水着写真などの露出が多い写真を載せてしまう
  • 悲惨な事件や事故を取り扱う記事を書いてしまう
  • 商品やサービスのレビューで過度に文句を言う

などは、悪意が無くてもついついやってしまいがちです

禁止コンテンツが細かくあり全てを覚えるのは難しいですが

お子さんがいる家族が全員で見れる内容・記事を意識するようにしましょう

どうしてルールやポリシーがあるのか

ここまで細かく、明確にルールなどがあるのは

一言でいうと長い目で見てこのネット上の広告がなくならない為です

例えば自ら広告をクリックする不正クリックですが

広告主はクリックされた先のページで何かしらの購入やサービスの申し込みなどの成約につながることを目的としています

関係ないクリックが発生すると広告費だけが消費されてします

すると広告主はGoogleアドセンスは費用対効果が無いと判断してしまい、撤退してしまいます

偽造品販売のサイトに広告が掲載されてしまっては

その広告のイメージダウンに繋がり、やはり広告主は撤退してしまいます

こうしたことが繰り返し行われてしまっては

今後Googleアドセンスがサービスを継続することは難しくなります

そういった事態を避けるためにもルールやポリシーが明言されているのです

まめさる

ルールやポリシーの違反をすると、アドセンス自体が継続できなくなるから、結局損するのは利用者(自分)だよ

違反するとどうなる?

アドセンスのルールやポリシーに違反した場合ペナルティが課せられます

表示できる広告の種類が制限されたり、最悪の場合広告配信の停止にもなります

違反が検出されると、Googleから「違反レポート」のメールが届きます

どのページがどういった理由で違反しているのかを確認することができますので、素早く対処しましょう

また、それだけではなく

SEO的にも重大な影響を及ぼす可能性があります

違反が検出されたのも関わらず放っておくと大変なことになります

まめさる

違反が検出されたら、すぐに記事などの添削をして改善しよう

まとめ

Googleアドセンスはとても便利なサービスですが

細かなルールやポリシーが定められています

どんなサイトやブログにも自由にアドセンス広告が貼られてしまうと、その商品や広告主に悪影響が出てしまうからです

アドセンス利用者からしても、広告配信を利用できなくなるだけでなく、SEOにも悪影響を及ぼしてしまいます

  • 広告は分かりやすく区別
  • ユーザーが自分の意思でクリックする環境
  • Googleアドセンス(Cookie)を利用しているという明記
  • 子どもがいる家族が安心して見れるコンテンツ

こういった基本的なことを守って

これからもずっとGoogleアドセンスと付き合っていけるようにやっていきましょう

ではまた

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA